癌予防

癌予防

献血で「鉄分」は定期的に排出したほうがいい

鉄分を排出したほうがいいという研究があります。人体には余分な鉄を排出するシステムがない「多ければ多いほど良い」のアプローチがそれほど問題を引き起こさないのは、体がほとんどの栄養素やビタミン類をうまく調節しているから。通常、何かを摂り過ぎても体はそれを排出するが、鉄は例外の一つだ。人体には、余分な鉄を排出するシステムがない。
癌予防

ドライ・ジャニュアリー 7人に1人が1月に断酒する

欧米で流行しつつある「ドライ・ジャニュアリー」運動。断酒を1ヶ月しましょう。ということなんですが、欧米はアルコール中毒は、けっこう深刻です。z世代は、日本と同様にお酒を飲まないようです。ノンアル飲料も充実してきており、定着するかも知れません。
癌予防

韓国「辛ラーメン」台湾で発がん性物質が検出

台湾の食品安全局は、韓国製インスタントラーメン「辛ラーメン」に基準値を超える発がん性物質を検出して、回収を指示しています。製造元の農心は、何度も繰り返しており、2021年には、欧州で148倍の基準値超えをして、販売禁止になっている。
癌予防

米国 がん死亡率33%減少 それでも平均寿命が急落

米国人のがん死亡率が過去30年にわたって減り続けているという報告書を、米国がん協会が学術誌に発表した。それによると、米国のがん死亡率は1991年以来、33%減少した。推定380万人が死亡を免れた計算になる。がんによる死亡率は減少傾向が続いており、直近のデータが入手できる2019~20年にかけては1.5%減少した。着実な進展の理由として、報告書ではがん治療の進歩や喫煙の減少、早期発見を挙げている。
癌予防

【日本酒】がん予防。無理くり捜した健康効果?

日本酒には、がん抑制効果があるというニュース。嘘とは言いませんが、前向き研究によって探し出されたデータもたくさんあります。健康的な食材として扱われることを意図していますが、話半分で効いたほうがいいでしょう。
癌予防

【塩分】胃がんリスク。過剰に避ける必要はない?

塩分過多は胃がんリスク。過剰に避ける必要はないかもしれません。病気リスクを抱えている人やすでに高血圧の人には、減塩は大切なことです。心筋梗塞や脳卒中を防ぎたいからです。これは医学的に証明されています。血圧を下げる薬の試験で、血圧を下げれば心筋梗塞や脳卒中を先送りにできます。
癌予防

オートファジーダイエット 細胞のがん化抑制も?

簡単な断食ダイエット。細胞の癌化も抑制できる可能性もある。細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つである。酵母からヒトに至るまでの真核生物に見られる機構であり、細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防いだり、過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときにタンパク質のリサイクルを行ったり、細胞質内に侵入した病原微生物を排除したりすることで生体の恒常性維持に関与している。
癌予防

【大豆】乳がん抑制。毎日のみそ汁が効果的です。

かつては「胃がん」の罹患が日本で一番でしたが、大腸がんが急速に台頭してきています。大腸がんは、社会の高齢化、食生活の欧米化とともに日本で急速に増加しています。特に女性では、罹患数・死亡数ともがんの中で最多となっており、大腸がんの減少は社会的にも重要です。
癌予防

ビーガンになるべきか?メリットはあまり感じない。

ビーガンの人達は、動物を殺すのをやめろ!という主張が目立ちます。それはおいておいて、肉食を辞めると体にいいのか?悪いのか?が大事になってきます。病気をしている身としては、改善されるのであれば、そうしますけど、今のところそこまでのメリットはないようです。
癌予防

【ピーマン】ファイトケミカル 最強レベル抗がん野菜

ファイトケミカルは植物の細胞壁に保護された細胞膜や細胞内に含まれています。そのため、人間が体内に吸収するには細胞壁を破壊しないといけません。しかし、細胞壁は包丁で細かく刻んだり、ミキサーで破砕する程度では壊れないた め、サラダや生ジュースのような形では、ファイトケミカルを効率的に摂取できません。
癌予防

【睡眠改善薬】回避した方がいい薬。認知症リスクも

睡眠改善薬というものが、静かに流行しています。処方されている睡眠薬とは別物ですが、必要がないなら飲まないほうがいい薬です。睡眠薬全般に言えることですが、リスクが伴います。精神的疾患でもない限り避けたほうが無難です。
癌予防

【サウナ】がん予防・治療に効果はありません。

がん予防・治療に効果はありません。デッドスック効果もありません。サウナも身体を高温で温めるので「治療をすることができる」と謳っている人がいますが、フィンラインドの研究では、効果は認められないという結果が出ています。予防にもならないということです。フィンランドはサウナ促進の前向き研究です。
癌予防

【鶏肉】がんリスクは赤身肉。鶏肉にはありません。

大腸がんリスクは赤身肉です。鶏肉にはありません。大腸がんを避けるには鶏肉をメインすることが、いい選択かも知れません。鶏肉は赤肉に比べて低カロリーで、脂肪が少なく、良質なタンパク質を多く含みます。「脂肪が多い肉を食べると大腸がんや乳がんのリスクを上げる」ということも、これまでさまざまな研究で明らかになっており、その点、低脂肪でヘルシーな鶏肉は、がんのリスクを上昇させることがないだろうと言われています。
癌予防

キウイフルーツ 高い抗酸化作用があります。

毎日の食事で野菜や果物をしっかり食べるのは難しいもの。特に、果物を食べる人は年々少なくなっており、2002年から2019年の17年間で、日本人の年間の世帯あたり果物消費量は約3割も減少。なかでも20~40代の果物の消費量が低いことがわかっている。 果物にはビタミンやミネラルが豊富に含まれている。特に身近な果物の中で、栄養素充足率がもっとも高いのがキウイフルーツだ。「キウイフルーツはグリーン、ゴールドともに『鉄を吸収するビタミンC、葉酸、たんぱく質(アミノ酸)を分解する「アクチニジン」、食物繊維など』が含まれていて、ゴールドキウイは1個で厚生労働省が推奨する1日のビタミンC摂取量を摂ること...
癌予防

【地中海式食事】ナッツ類とオリーブオイル

「地中海式食事」とは、その名のとおり地中海沿岸の伝統的な食事で、「野菜、果物、種実類、豆類、魚介類、オリーブ油、穀類」を多く摂り、適量の赤ワインを飲む食事法だ。一方、「健康的日本食」には「野菜や果物、大豆製品、きのこ類、緑茶」が含まれている。 地中海式食事様式は、心血管疾患や糖尿病、癌等の予防になることが知られています。その特徴は全粒の穀物、緑黄色野菜、果物、豆類・ナッツ、きのこ類を多く食べ、赤肉の摂取は少量で魚介類が多く、油はオリーブオイル主体といった点があげられます。世界にはいろいろな食事療法がありますが、健康的な食事は基本的に地中海式に分類されると提唱している学者も多くいます。 ...
癌予防

【ブロッコリー】 最強レベルの抗がん作用食材。

がん細胞と戦える食材はいくつかありますが、ブロッコリーはかなり強い抗がん作用があると言われます。がん予防にもなりますし、治療中でも効果があると言われています。詐欺的なサプリや漢方を試すより遥かに健全です。スーパーで安価に簡単に手に入ります。
癌予防

【グレープフルーツ】発がん防カビ剤と薬の副作用。

消費離れが起こっていると言われるグレープフルーツ。薬との相互関係で副作用が言われています。高齢化社会で何らかの薬を服用している人が多いため、よっぽど好きでない限り調べて、リスクを感じながらより、食べない選択に傾いてしまうのは仕方ありません。他の美味しい果物はたくさんありますからね。
癌予防

【代替治療】注意が必要。詐欺師だらけで効果はない

がんに限ったことではありません。根治法がない病気には、かならずなにかしらの代替療法がまとわりついています。中にはまともに研究されている方もいるかと思いますが、詐欺師がたくさん含まれます。奴らを喜ばせる必要はありません。ご注意を。
癌予防

【にら】がん予防のビタミンACEが豊富です。

アリシンは、にんにくに多く含まれる成分で、抗がん効果が強い成分です。にんにくを冷凍にしてもそんな研究みつかりません。見つけきれないだけ?かも知れません。まぁ冷凍にしてもしなくても、害があるわけでないので。あまり気にすることないかも。にんにくよりも匂いを気にする必要がありませんので、気楽に食べられます。
癌予防

【認知症】原因?アムロジピン(降圧剤)の危険性

認知症には血圧と深く関係があると言われいます。これは以前から言われてきたことで、最近、認知症との関係性が指摘する報道がされています。医療関係者は「関連性を示すデータはない」と決まり文句をいい、今までの医療を見直そうとはしない傾向も確かです。そりゃそうです、製薬会社との関係性やお金が絡んでくる問題ですから。
癌予防

【ビワの葉温熱療法】昔からある民間療法。

近年においては、岡山大学薬学部の吉田隆志教授らの研究で、ビワの葉からがんに対する薬効のある物質があることが発見されました。見つかった抗がん物質は、プロシアニジン・オリゴマーという化合物。これが「がん細胞の自殺」を導く事がわかっています。あくまでも実験の話です。さらにマウスの実験では、化合物ロゼオサイドという抗がん物質の存在も確認されています。
癌予防

【ゲノム】塩基編集を用いた画期的治療が行なわれる

ノーベル賞にもなった、CRISPR-Cas9(クリスパーキャス9)のゲノム編集が行なわているのだろうと思われますが、詳細はわかりません。コードエラーを修正すれば、病気が治る原理は、理解できますが、書き換えた遺伝子が身体にどう行き渡り、影響をおよぼすのか?DNAを組み替えることに抵抗なんてない。生きることが最優先です。「血液のがん」の研究は、他のがんにも応用できると考えれているため、研究が進んでいますが、実験的な段階から抜け出さないのが実感です。
癌予防

【ココナッツオイル】効果に論争。賛否あります

ココナッツオイルは、「適度に取る分なら、大きな問題はない」という見解は大多数です。その逆の、世間で言われているようなスーパーフードであるかどうかは? 「ほど遠いもの」という見解でもあるのです。「気軽に試してみる」が一番のようです。決して、魔法のような健康効果をもたらしてくれるなんてことは期待しないように…。
癌予防

【カロリーオーバー】で認知症・がんの高リスクに

脳の実行機能(情報を処理して判断を下す)にかかわる部分は特に大きな打撃を受けるという。今回の研究では、超加工食品の摂取量が最も多い層は、摂取量が最も少ない層に比べて、認知機能が低下するペースは28%速く、実行機能の低下ペースは25%速いことが分かった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました