イオン銀行キャッシュ+デビットを使ってみた感想

LIFE

イオン銀行が発行をしている一体型カードです。非常に便利なんですが、イオン系のお店がないと意味のないカードになってしまいます。一番使っているカードです、ご参考までに。

グレーデザインが格好いいです。

イオン銀行キャッシュ+デビッド+ワオンの3つの機能がついています。なんと言ってもこのカードを財布に入れて持ち歩くメリットは、イオン系のお店で使うとポイントが溜まってお得なことです。最近は都市部でも、ミニスーパー「まいばすけっと」などがありますから、利用する機会も増えてきているかと思います。

ポイントは複雑です。

イオン系のお店以外だとJCBデビッド決済、電子マネーのWAONの決済→200円で1ポイントです。オートチャージを使用すると200円で2ポイントつきます。(セブン系と一緒です。)

イオン系のお店だと20・30日のお客様感謝デーなどで使うと5%OFF(JCB決済)、10日は5倍ポイントが貯まります。

流通系のこの手のカードは、ポイント制度が非常に複雑です。お得というか、損した気分になるのが、私が頻繁に行く「まいばすけっと」にはボーナスポイント商品っているのがあるんですよね。10倍のポイントついていますから、ほんと損した気分になります。

公共料金の引き落としができます。

イオン銀行の口座を持つ最大のメリットだと思っているのが、公共料金の引き落としが可能だということだと思います。これはネット銀行では珍しいです。しかもそれにポイントが付きます。(5ポイント)

引き落としがある場合、前日入金が基本だと思いますが、イオン銀行の場合、引き落とし日当日23:59までに入金すれば、引き落とされます。その日のギリギリまで大丈夫、ということです。ズボラな私には非常に助かります。

補償がついています。

年間50万円までの購入商品の破損補償とカード紛失・盗難時の不正使用の補償があります。

私も一度失くしたことがありますが、他の銀行は手数料を取られますが、イオンは無料で再発行してくれました。

ATMは少ないですが、提携銀行がけっこうあります。

ATMが少ないです。ミニストップには必ずありますが、ミニストップ自体が少数コンビニです。「まいばすけっと」基本的にありません。駅前の大きな店舗にはありますが、わずかです。それをカーバーするために、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行など時間内であれば、無料で利用できます。

ステージ

ステージ特典があります。使えば使うほどランクが上がります。シルバーランクまでは、買い物をすればいくと思います。

イオン銀行のホームページより

デメリットは、イオン系のお店が生活圏にないと財布に入れて持ち歩く意味がありません。楽天銀行なども夜8時位までの当日入金で引き落としができますが、手数料など使い勝手は上回っています。

LIFE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KANTAKE Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました