kantake

病&予防

「悪性リンパ腫」最初の入院を終えた感想。

とりあえず、最初の入院と最初の外来が終わり、感想を書いてみました。入院するような病気になるのも、初めての経験ですし、いろいろ大変でした。
病&予防

入院生活14日目。ストレスがたまります。

入院生活も順調です。 初日の夜に、ひどい頭痛。2日目に抗がん剤を投与して、しばらくして嘔吐したくらいです。 あとは経過観察という感じです。白血球の数値が戻れば問題ないようです。 何もすることがないため、退屈なんです、本を読むくらいしかありません。残念ながら病院の中にはWiFiはなく、13階の病室ですが、下の階に下がると川崎市の無料WiFiが繋がります。タブレットとか持ってきていたのですが、これは誤算でした。 集団生活のような感じになります。 4人部屋で、会話はほとんど筒抜けです。私は3週間の予定ですから、短い人は3日位で退院していきます。私を含め、3人は「がん」の病のようです...
病&予防

入院2日目。抗癌剤治療が始まります。

入院2日目に、抗癌剤治療が始まります。 3種類の薬を点滴で入れるわけですが、朝夕食時にプレドニンという薬を飲みます。 副作用を抑えるステロイドという説明だったんですが、これが苦くて、気分が悪くなります。胃がむかむかしてきて、薄っすらと吐き気がする感じです。横になっている以外ありません。 外来では化学治療専門の部屋がありますが、入院では病室で受けます。 普段の採血では看護師さんがしてくれますが、内科の先生がします。血管にしっかり入っていないとまずいみたいです。血管外漏っていっていたかな。炎症などを起こすようで、かなり念入りに左手の手の首のあたりに針を指しました。私は血管が見つけにくい...
病&予防

治療が始まりました。3週間の入院です。

悪性リンパ種になってしまいました。長い治療になるようです。治療の経過などを書いていきたいと思います。
病&予防

これからのことを考えると絶望的なります。

悪性リンパ腫の厄介なタイプである末梢T細胞です。 調べれば、調べるほど落ち込んでしまいます。初めは3週間の入院をして、抗癌剤治療(3種類を混ぜたもの)を使用します。その後は3週間に一度の通院で、抗癌剤を投与する予定です。それが8クール約10ヶ月間。それで済むなら前向きに気持ちを維持して、乗り切ろうと思いますが、どうやら、それで済まないようです。 血液内科の先生は、おそらく3年前後で再発という形になるようです。 早ければ、1年近くで再発、治療になります。そこで問題なのは、同じタイプの悪性リンパ腫になる確率は少ないそうなんです。ほぼ確実に難しくなるようです。血液内科の先生は言葉を濁し...
街歩き

4月のお祭。かなまら祭り&厄除よさこい。

日本一の奇祭。金山(かなまら)祭り。 奇祭といわれるお祭り「金山(かなまら)祭り」が4月7日に開かれました。川崎大師駅から3分ほどの神社で行われます。私は大師に済んで30年以上になりますが、はじめて行きました。少なくとも伝統的な祭りではありません。 かなまら祭りの起源は江戸時代、川崎宿の飯盛女(娼婦)たちが性病除けや商売繁盛を願った「地べた祭」とされています。空襲により社殿や資料が焼失したこともあり、昭和の中頃まで性的な信仰は忘れ去られていましたが、1960年頃からそれが残る神社として、海外の民俗学者などが訪れるようになったことをきっかけに、1977年に「かなまら祭」が催されました。 ...
本&映画

『たちあがる女』観てきました(ネタバレ無し)。

久しぶりに映画館に行きました。恵比寿にある『YEBISU GARDEN CINEMA』。2011年に閉館して、3年くらい前に新たに復活したようです。以前はアート系の映画ばかりで、1人で入るのは気後れしてしまいましたが、大丈夫でした。病院帰りで、楽な格好してましたけど、巷の映画館のレベルが上っているせいなんでしょうね、以前のような気恥ずかしさはありませんでした。 STORYは、舞台はアイスランドの風光明媚な景色な観光地。主人公のハットラはセミプロ合唱団のコーチをしています。その一方で環境活動家の顔を持っています。環境破壊をしていると思われるアルミニウム工場に対して、破壊活動をおこな...
病&予防

悪性リンパ腫(末梢性T細胞)診断が確定しました。

4ヶ月かかってやっと診断が確定しました。 悪性リンパ腫 非特定型末梢性T細胞リンパ腫という病名です。 生検2回、血液検査、CT検査、ガリウムシンチ、PET CT検査、これだけで10万円以上です。それ以上に、診断がつくまで、何もできない日々です。あまり悩まない性格ですが、精神的に参ってしまいます。 口の周りが腫れ上がり、しゃべることも、食事することも難儀します、歯もボロボロになってしまいました。私の場合、左太ももの付け根にもガンが巣食っています。顔だけなら部分的に治療ができたそうなんですが、全身に抗がん剤治療をする予定。進行は月単位で「中悪性」で、先生が言うには「簡単な病気でありません...
LIFE

任意整理をしました。クレカのリボは破滅します。

病気で体調を崩して、病院通いが始まり、医療費の高さに僅かな貯金も吹き飛びました。さらに非正規のため収入が激減してしまいました。「悪性リンパ腫」という病気なんですが、診断が下るまで3ヶ月以上もかかるんですよね。その間、超高額な検査を繰り返します。さらに長期に渡り、入院や抗癌剤治療が始まります。 いつの間にか、クレジットの残債が膨れ上がり、リボ払いの残債が70万くらいになってしまいした。障害者年金、低額医療の相談しに行ったときに、経済状態のことを親身に聞いてもらいました。「治療に専念したほうが言い」との助言で、任意整理することにしました。 これがあっという間です。簡単な手続きだけで済み...
本&映画

フィリップ・K・ディック「高い城の男」

Amazon prime videoで配信されている「高い城の男」が面白くて、学生時代に読んだフィリップ・K・ディックの2作品を読み返しました。ブレードランナーも懐かしい。
LIFE

リプロダクト家具。買っていいものなのか?

リプロダクトがあります。版権が切れた製品を正規メーカー以外が製作した製品です(レプリカ、ジェネリック品とも)。バルセロナチェアやイームズシリーズなどがリプロダクトとしてよく目にします。ライセンス料が不要、人件費の安い国で生産などにより価格を抑えています。価格を抑えるために、汎用の作業員による製造、素材の品質や精密な加工の省略などを行っているため、座り心地や耐用年数などに影響します。さらに修理・アフターサービスがありません。 結論から言ってしまうと、コピー商品です。物は言いようで、リプロダクト、ジェネリックとか言ってますが、ヴィトン財布の偽物のように、上質なものと、粗悪なものがあります。そ...
経済

ジニー・ロメッティ IBMのCEO

ジニー・ロメッティは、米Fortune誌が選ぶ「ビジネス界で最もパワフルな女性」の一人として長年ランクインしている。 ロメッティはノースウエスタン大学でコンピューター・サイエンスと電気工学を学んだ。システムエンジニアとして1981年にIBMに入社。92年にIBMが社内でコンサルティング事業を立ち上げた際の創設メンバーでもある。頭角を現したのは大型買収の成功によるところが大きい。IBMが2002年に会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)のコンサルティング部門を買収した際、事業統合までをリーダーとして仕切った。叩き上げのCEO。 報酬パッケージ3300万ドル(約...
LIFE

エドワード・ホッパー 20世紀の具象絵画の巨匠

ホッパーは1882年ニューヨーク州の小さな町ナイアックで洋品店の長男として生まれました。幼い頃より絵の得意だった少年は、1900年18歳から7年間ニューヨーク美術学校に学び、写実派の画家ロバート・ヘンリーの影響を受けました。 卒業後、広告用イラストを描きながら生計を立てる傍ら、1906年から10年にかけ、3度ヨーロッパを訪れます。当時のパリは絵画史上特筆すべき時期で、パリでモネやセザンヌら印象派に強い感銘を受けますが、帰国後、手厳しい洗礼を受けることになります。 ヨーロッパ絵画の影響を色濃く受けたホッパーの作品は酷評されてしまうのです。1920年代に入ると、アメリカは第一次世界大戦...
病&予防

コーヒーの発がんリスク。健康食品ではありません。

コーヒーに関しては、時代によって健康リスクの考えが変わります。私の子供ころ、1980年代はタバコと同様、健康に悪いものとされていました。今日では、大量に取らない限り問題がない、と意見にまとまっていますが、そんな事は当たり前です。1日50杯も飲む人なんていません。本当のところは、よくわかないのが実情です。 発がんリスクを認定。 2018年3月28日、アメリカのカリフォルニア州上位裁判所の判事が、州内で販売されるコーヒー商品に発がんリスクを警告するラベルを貼るべきという判決を下した。 今回の争点となっていたのは、コーヒーを焙煎した際に発生する「アクリルアミド」という物質であり、国際が...
経済

マーティン・シュクレリ 金の亡者、嫌われCEO

アルバニアとクロアチアからの移住を両親に持つシュクレリのキャリアは、興味深いものだ。最初に米証券取引委員会(SEC)から調査を受けたのは、16歳だった2000年。うまく空売りを続けていたことが疑わしいとされたためだったが、このときは罪に問われることはなかった。 ニューヨーク市立大学バルーク校で経営学の学位を取得した2004年には、ヘッジファンドMSMBキャピタル・マネジメントを共同創業。SNSでバイオテクノロジー企業をからかうような発言を繰り返しながら、関連企業の株の空売りを続けた。 それからの数年間、シュクレリの仕事ぶりは常に議論を巻き起こし続けた。ウェブサイト上でバイオ技術関連...
LIFE

バーガーキング。たまに食べると美味しい。

私は病気療養中のため、あまりジャンクなもの食べてはいけませんが(食事制限はありません)、ハンバーガーは定期的に食べるようにしています。普段、和食などで節制しているため、ご褒美的な食事です。失敗をしたくないんですよね。悲しいことに、以前のようにマクドナルドの季節商品なんかに気軽に食べることができないんです。 川崎駅周辺には、ハンバーガーチェーン店、マクドナルド、モス、ロッテリア、ファーストキッチン/ウェンディーズ、そしてバーガーキングです。圧倒的にバーガーキングが好きです。値段もスマホのクーポンを使えばマックよりお得です。大抵のクレカと電子マネーにも対応しています。 いつも空いていま...
病&予防

お酒が飲めない。無理に飲むと癌リスク高まります。

私が学生から会社員になったばかりの1990年代は、「男は酒が飲めて当たり前」みたいな価値観で、今で言えば暴言が日常的に飛び交う時代でした。私は、一滴も飲めない下戸ですから、誘われるたびに肩身の狭い思い、を通り越して、地獄でしたね。先輩面で「鍛えてやる」みたいなこと言われると、殺意すらいだきます。 酒は飲める人には、美味しいものなんでしょうが、人体にとっては異物であり、良い影響は限定的だと思います。 非常に嬉しいことに「アルハラ」という言葉もある程度、認知してきています。以前よりも「私は酒が飲めない体質です」と言うことにいちいち異議申し立てが来ない時代になりました。 昔は「つま...
経済

マイケル・バーリ 慧眼の相場師

医者から投資家に転身した、異例の投資家マイケル・バーリ。 マイケル・バーリ(Michael Burry)は医師から投資家に転身した異例の人物です。バーリは、2歳のときに珍しい型の癌を患って、腫瘍を除去する手術を受けた際、左の眼球を摘出されて以来、片方の目を義眼とし、「隻眼の相場師」と呼ばれるようになりました。マイケルルイスの作「世紀の空売り」原作の映画「マネー・ショート」のモデルです。 勉学にも長けていたバーリは“特に難関とも思えなかった”という理由で、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の経済学と医学部を卒業したのち、ヴァンダービルト大学医学部を卒業し、スタンフォード病院に勤...
経済

ジョン・ポールソン CDSでボロ儲けCEO

John Alfred Paulson(ジョン・ポールソン) サブプライムショック時だけでその5倍の150億ドル(当時のレートで1兆8000億円)の利益を出し、実に600%のリターンを出した男。として有名です。 ジョン・ポールソンはポールソン&Coというヘッジファンドの創業者です。彼はボストン・コンサルティング・グループやOdyssey Partners、ベア・スターンズなどを経て39歳でファンドを立ち上ます。それ以来、合併アービトラージなどのイベントドリブンでファンドを運営していました。 サブプライムショック時には、マイケル・バーリ(映画マネー・ショートのモデル)同...
病&予防

牛肉はいつから食べられるようになったか?

食肉をタブー視する日本の風潮は、文明開化の新時代に入っても続いた。今でこそ、お肉、牛肉は当たり前のように食べていますが、江戸時代、幕末までは、獣肉は食べられていなかった。そのタブーを最初に破ったのが明治天皇であり、一大決心のもとに勧めたのが、大久保利道でした。 明治維新の西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」の一人。明治天皇に勧めたのは、牛肉は栄養に富み健康上大事だと考えたことからです。明治天皇は明治4年11月から、まず牛乳を1日2度飲むようにして、翌年から牛肉を口にするようになった。天皇自ら率先して食肉のタブーを破る事で国民に牛肉を食べるように促しました。その後、牛肉は大流行した。文...
病&予防

『赤肉』の癌リスク。発がん性物質が含まれます。

赤肉。がんリスクがあるのは確実ですが、食べないとデメリットもあります。 赤肉にはタンパク質や脂質が多く含まれるため、高カロリーになりやすいという特徴があります。 また、がんとも細くはない関係性が分かっています。赤肉に代表される動物性食品には、亜鉛とヘム鉄という成分が多く含まれています。これまでの国際的な研究から、亜鉛は大腸がんのリスクを下げるものの、ヘム鉄は逆に危険性を高める作用を持っていることが示唆されています。 大腸がんのリスク要因であるヘム鉄は、体への吸収率が高い成分です。食べ物として取り込まれると、体内で活性酸素を作り出し、がんのリスクを高めると考えられています。 活性...
病&予防

『うつ病』に関する罹患リスクまとめ。

「不平等を見過ごせない人は」鬱になりやすい。 経済的格差が小さくなれば、うつ病が減るかもしれない――。国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センターの研究マネジャー、春野雅彦さんが率いるグループが、不平等とうつ病との間に、脳科学的に見て強い関連があるという仮説を立て研究を進めている。不平等とうつ病の相関はこれまで統計的調査、研究で語られてきたが、脳の活動変化から確認できるという。 精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しており、平成23年は320万人と依然300万人を超えています。内訳としては、多...
病&予防

睡眠時間に関する癌リスク。

日々、健康・病気に関する研究が行われて、ニュースになります。予防効果があるのかな?ちょっと首をかしげたくなるようなものもありますが、選択肢が増えるのはいいことだと思います。私の場合、再発を回避するために、生活改善が目的です。
病&予防

『ジャンクフード』に関する罹患リスクまとめ。

日々、健康・病気に関する研究が行われて、ニュースになります。予防効果があるのかな?ちょっと首をかしげたくなるようなものもありますが、選択肢が増えるのはいいことだと思います。ニュースが出るたびに収集してデータベース的にしたいです。
タイトルとURLをコピーしました