4月のお祭。かなまら祭り&厄除よさこい。

街歩き

日本一の奇祭。金山(かなまら)祭り。

奇祭といわれるお祭り「金山(かなまら)祭り」が4月7日に開かれました。川崎大師駅から3分ほどの神社で行われます。私は大師に済んで30年以上になりますが、はじめて行きました。少なくとも伝統的な祭りではありません。

かなまら祭りの起源は江戸時代、川崎宿の飯盛女(娼婦)たちが性病除けや商売繁盛を願った「地べた祭」とされています。空襲により社殿や資料が焼失したこともあり、昭和の中頃まで性的な信仰は忘れ去られていましたが、1960年頃からそれが残る神社として、海外の民俗学者などが訪れるようになったことをきっかけに、1977年に「かなまら祭」が催されました。

その後は男根神輿・仮装行列などの新しいアイデアを取り入れながら発展を続け、現在の形になったとされています。3万人近い人出ですが、なかでも外国人の比率が異常です。白人から黒人、ラテン、アジアと大集合という感じです。

【かなまら祭り】川崎大師近く金山神社にて。2019年4月7日。

【お祭り】かわさき楽大師“厄除よさこい。2019年4月20日。

15年くらい前から行われているお祭りです。以外に盛り上がっていて20万人も人手があります。
大師公園にステージが設置されており、成績が良かったチームは川崎大師の中で披露できます。参道でもパフォーマンスしながら移動していて、すごく見やすいです。参加しているチームが50チーム以上あり、華やかな装飾をした人が町中に溢れます。

【お祭り】かわさき楽大師“厄除よさこい。2019年4月20日。

 

街歩き
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KANTAKE Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました