社会考察

【コソボ中国大使館誤爆事件】最先端を盗んだ報復?

コソボ紛争で、アメリカは空爆に踏み切り、最先端のステルス戦闘機を投入したが、爆撃をするときに一瞬、レーダーに捉えられる弱点があったため、ユーゴのミサイルにより撃墜される。それをドサクサに盗んだ中国を大使館ごと爆破した事件。
社会考察

【PepperLunch】ファンドに身売り「あの事件」は?

パワハラ社長から切り離されて、従業員は幸せかも知れません。仕切り直して神奈川県民に愛されるお店になってほしいものです。どうしても「あの事件」が連想されてしまい、利用する気に慣れませんでした。やっとパワハラ社長の元から離れ、生まれ変われるチャンスです。
人物

大塚久美子 大塚家具CEO 無能経営者だったのか?

「自分が無能であるにもかかわらず、それが分からなくて、創業者の父親を追い出して、ビックリするくらいの早さで会社を傾かせて借金まみれ、赤字にして、ヤマダ電機に売るっていうのをやったんですね。で、ヤマダ電機がアルファベットのOで始まる家具屋さんを買い取って、最近「日経ビジネス」かなんかで、インタビュー記事を見たんですけど、ヤマダ電機の大塚家具、黒字化してるんですよ。」
人物

ジェフ・ベゾス Amazon CEO 失敗が足りない。

ジョブズやザッカーバーグのように、そのライフストーリーが広く喧伝されることもない。ベゾスという人は一体何を考えているのか、実際ぼくらはあまり多くを知らない。そこにややもすると警戒感を催させる何かがあるのかもしれない。
映画

「ミッドウェイ」チャイナマネーで制作した駄作。

120億円の制作費は、今のハリウッドでは飛び抜けて高額ではありませんが、大作の領域の作品です。海戦シーンはそれなりの迫力があります。急降下爆撃を試みる戦闘機に寄り添うような構図や激しいカメラワークは、CGをふんだんに使って臨場感を感じられます。
人物

藤田田(ふじたでん)ユダヤ人経営を実践した人

マクドナルド自体、人間性を殺すことで、成長してきた企業ですので合理主義的運営があっている企業です。日本で展開をした藤田田もユダヤ経済学を信仰して成功を収めたようですが、果たして、これでしかない戦略だからこそ成功したのかな?疑問です。いろいろ合理主義的経営はあります。ドイツ、アメリカ、イギリス、キリスト教社会においては下地としてできあがっているし、別にどれでも良かったような気がしないでもない。
LIFE

NOYESの1人掛けソファ。長期間使えて上質です。

デザインは素晴らしいです。流行に左右されないコンセプトですから、長く使えそうです。生地も上質です。一人がけで60000円クラスですから、フランフランよりも品質面では数段上の商品ですね。写真でもわかるように、かなりコンパクトです。女性向きなのかな?男性でも大丈ですが、身長170cm体重75Kgでちょうどいい感じです。それ以上大きいと窮屈かも。
人物

ジョン・ブラウン 同性愛が原因で辞任した BP CEO

官僚的な組織であった国際石油資本のBPを積極的な買収戦略で、巨大企業に成長させた優秀なCEOの辞任の原因は、同性愛であることだった。偽証が原因だが、マスメディアは過激に報道し明らかに別の力が働いている。英国は同性愛は犯罪である時代が長かった。コンピューターの父であるアラン・チューリングもそうである。
映画

【ロシアン・マフィア】映画の題材にされる組織

アメリカの裏社会で一定の影響力があるのは確かなようですが、映画では誇張され過ぎていて、それほどでないとも。世界の5大犯罪組織連合に連なっています。敵対構造を描きやすいのか、イタリアマフィアの描き方とはかなり違い、ただただ悪い組織の人たちです、人間像が描かれる事はあまりないように感じます。中国=悪者という感じはハリウッドではなくなりました。膨大な資金を投入して、アメリカの映画業界に関与を強め影響力を強めている成果です。
癌予防

【代替治療】注意が必要。詐欺師だらけで効果はない

がんに限ったことではありません。根治法がない病気には、かならずなにかしらの代替療法がまとわりついています。中にはまともに研究されている方もいるかと思いますが、詐欺師がたくさん含まれます。奴らを喜ばせる必要はありません。ご注意を。
人物

ナシーム・ニコラス・タレブ Nassim Nicholas Taleb

リーマンショックを予言したとして話題になった経済書です。著作者は認識論についての著名な研究者です。人間が滅多に起こらない不確かなものごとを無視してしまう傾向があります。リスクや不確かなものごとを定量化・一般化してしまうことがいかに馬鹿馬鹿しいしいことかを一貫して主張しています。人は年齢を重ねるほど、自分の経験を一般化してしまう。PayPal創始者のピーター・ティール氏が推薦している、ベストラ-です。
社会考察

【CECIL McBEE】寿命を迎え消滅アパレルブランド

アパレル業界と飲食業界は生き残るのが難しいと言われます。「CECIL McBEE(セシルマクビー)」寿命が尽きたようですです。とは言え30年もアパレル業界でやってこれたことは偉大です。テレビ東京で指摘された外国人労働者の問題が大きいと思います。コロナ前から、おかしくなっており、とどめを刺した感じです。ジャパンイマジネーションという会社が展開していましたが、今はアパレルから撤退しているようですね。事業編していて、何をしているのかよくわからん。
人物

ピーター・ティール トランプを操るペイパル創業者

PayPal(ペイパル)の創業者。シリコンバレーで大きな影響力を持つ「ペイパルマフィア」の中では、「ドン」と呼ばれている。フェイスブックを初期から支える大物投資家であり、テスラ、ユーチューブ、リンクトインなどの名だたる起業家を輩出したペイパルの伝説的共同創業者です。1967年10月11日生まれ。
人物

ダニエル・カーネマン 行動経済学の権威ですが?

行動経済学は「ユダヤコミュニティ」アシュケナジム系の学者たちによく引用されている。ダニエル・カーネマンの本は非常にたくさん出版されています。すべてを読んでいるわけではありませんが、比較的読みやすく、実生活に落とし込みやすい本です。マウント取りの人が読んでそうかも。最初は読みづらいが、行動経済学に興味のある人であれば、あっという間に読み終わってしまうと思います。人間の直感と計算する思考の関係性。本能が思考に与える影響を心理学で説いてくれる。
LIFE

「まみーでりか」川崎区のローカルお弁当屋さん。

初めて利用したのが、古くからある川崎のローカルお弁当屋さんです。私も子どもころから利用していた記憶がありますが、店鋪のデザインなどが変更しているので、経営者の交代、身売りなどがあったのかも知れません。零細企業なので調べることができませんでした。昔は関東レベルで展開していたかも知れませんね。
LIFE

【川崎区】八丁畷周辺。簡易宿泊所が密集する街

昔から日払いの人たち住まいにしている、簡易宿舎が立ち並ぶエリアです。昔は治安が悪い場所でしたが、川崎警察署が移転してから、だいぶ変化したと思います。以前は、日雇いの労働者を管理している暴力団の事務所が何件かありましたが、現在はなくなっています。
映画

「メッセージ」もやもやSF映画。これが受賞作?

世界各地12か所に一斉に「殻」と呼ばれる未知の飛行物体が現れる。次々と楕円形の巨大な浮遊体が降りてくる。その物体が、何ものなのか、どんな目的があるのか、なかに何かいるのか、何もわからない。ただ、そこに降り立って、じっととどまっているだけ。そこに、エイミー・アダムス演じる言語学者・主人公ルイーズが、ある仮説をもってなぞ解きにかかる。しかし、いま一歩のところで十分なサポートが得られず、解明は遠のく。
LIFE

STEADYスピンバイクを購入。静かではあります。

病気療養中のため、運動は散歩が一番ですが、コロナが収まらないので、スピンバイクを購入しました。タイミングよく20000円で納めることができ、満足感の高い買い物です。意識的に毎日使わないとやらなくなってしまいます。
癌予防

【にら】がん予防のビタミンACEが豊富です。

アリシンは、にんにくに多く含まれる成分で、抗がん効果が強い成分です。にんにくを冷凍にしてもそんな研究みつかりません。見つけきれないだけ?かも知れません。まぁ冷凍にしてもしなくても、害があるわけでないので。あまり気にすることないかも。にんにくよりも匂いを気にする必要がありませんので、気楽に食べられます。
LIFE

【街歩き】川崎区中島町。沖縄人が多く住む街

川崎区でいうと中島町に、多くの人が居住されているエリアとして知られていました。このあたりを散歩をしていると一戸建ての門あたりに、シーサーが飾られている家がけっこうあります。偶然かもしれませんが、佐川急便などの配達物流センターには、沖縄系の人たちがたくさん働いていたような記憶があります。
芸術

キングチェアー 王様の椅子は最高です。

イームズのラウンジチェアのリプロダクトです。本物は50万円以上ですので、デザインだけ満足する商品ですね。この手の商品はたくさんありますが、経年結果は早く、数年でボロボロになります。実用的に使うなら、10万くらいの価格帯を選ぶ必要がありますが、インテリアとしての見せ家具はこの値段で十分です。
映画

ゴーストバスターズ・アフターライフ/アマプラで配信

Amazon Prime Videoで配信されています。プライム会員なら無料で見られます。2022年公開。面白かった作品です。プライム特典無料のうちに見てはどうでしょう。オリジナル作品を知っているリアルタイム世代は間違いなくノスタルジーに浸れるでしょう。 〈STORY〉 都会での生活が苦しく、母と兄の3人で田舎町へと引っ越してきたフィービー。この町では、30年間にわたり原因不明の地震が頻発していた。祖父が遺した古びた屋敷で暮らし始めたフィービーは、リビングの床にほどこされた奇妙な仕掛けに気づく。 さらに屋敷を探るフィービーが祖父の地下研究室で目にしたのは、見たことのないハイテ...
社会考察

【Kodak】競争優位の終焉。老舗でも淘汰される

コダックは非常に拘りの強い企業だったことはよく分かる。そういった人達に支えられてい企業でした。安い日本企業のフィルムを使わない、あえてコダックを選ぶ人たちに支えられていた。 今でもそうだが、カメラにこだわりを持つ人達は、お金を惜しみなく注ぎ込む。「カメラ沼」「レンズ沼」と呼ばれている。そういった顧客を満足させ、背を向けられないようするには品質を下げるわけにはいかない。 デジタルカメラの初期の製品は、とてもフィルムカメラと競合する製品ではなかった。1994年アップルがコダックと共同開発した「QuickTake 100」は革新的ではあった。が、それでも取ってかわる製品ではない。この製品...
社会考察

【西武・そごう売却】次はヨーカドーか?

百貨店の中でも弱者連合と言われた西武・そごうがセブンの傘下になったのは2006年です。16年の時間で28店舗から10店舗に減少。一部のヨーカドーで西武セレクトという売り場が展開されましたが、瞬殺でなくなりました。相乗効果はもちろんありません。ただのお荷物です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました