イラン「韓国政府の凍結資金返還約束履行を」70億㌦

社会考察

本当に踏み倒す気だったの?

この発想は恐ろしい国民性です。日韓の問題でも永久に解決しないこと示唆しています。韓国と戦争したわけじゃないのだから支払う義務はないとは思いますけど、軍事的に植民地支配したのだから、ある程度はしょうがない派です。

永久に頭下げろ!金を払え!と要求してくることはまちがいありません。まぁ歴史的に中国、ロシアに隷属蹂躙され、日本に植民地化されたのですから、ひねくれた性格になるのは仕方がないのかな。

困った隣人には、たとえ嫌がらせまがいのことをされても、下手に妥協したり、仲良く取り繕うより距離をおいたほうが賢明です。冷え切った関係の修復なんて、無理やりするものじゃありません。

調べてもわかりませんでしたが、

2012年に三菱重工に対して、人工衛星の打ち上げ費用を、強制労働を持ち出して踏み倒している。と言われていますが、実際のところわかりません。戦犯企業なのに受注させ、日の丸を消して打ち上げを成功しています。

韓国は、かなり金に汚いところがあるのは明らかです。この件も政治的ドサクサにで「踏み倒せる」と国家ぐるみで思考が働いたんでしょう。おそらく凍結しているわけがなく、使い込んでいる可能性が高い。払う気はないでしょう。ドルが足りなくて払えないかも知れません。

穿った見方をすると、最近、イランは22歳の女性が髪を隠す布「ヒジャブ(ヘジャブ)」着用をめぐり逮捕された後、急死した事件がありました。おそらく拷問による殺害です。約1万人が女性の墓を参拝するために集まり、治安部隊との衝突も起きた

さらに“国内で女性の権利を訴えたため”抗議活動に参加したスポーツ選手を処刑しようとしています。人権問題に発展していることから、韓国は、再び経済制裁を待っているかも知れません。

イラン「韓国政府の凍結資金返還約束履行を待っている」

イラン外務省が9日(現地時間)、韓国政府の凍結資金返還約束履行を待っていると明らかにした。

この日、イラン外務省のナセル・カンアニ報道官は定例記者会見で「韓国内の凍結資金問題はイランの真摯な要求の一つ」とし「我々は依然として韓国政府がこれに関する約束を履行することを待っている」と述べた。

続いて「凍結資金の解除は両国の別の懸案と関係のない問題であり、イラン政府は資金の凍結を解くために多角的に努力してきた」と話した。

韓国には現在70億ドル(約9230億円)ほどのイランの資金が韓国ウォンで凍結している。米国のトランプ政権が2018年にイラン核合意(JCPOA、包括的共同行動計画)を離脱して対イラン制裁を復元し、イランの石油販売代金口座が凍結したが、これはイランの海外凍結資産のうち最大規模という。凍結資金問題は数年前から韓国-イラン関係の最大の障害物となってきた。

当初、韓国内の凍結資金解除はイランと西側国家のJCPOA復元交渉が妥結すれば、イランと西側の囚人交換と同時に初期段階の履行措置が取られると予想された。韓国政府もJCPOA復元過程で国内凍結資金問題が解決するよう、当事国と協議するなど外交的努力を続けてきた。しかしJCPOA復元交渉はいくつかの争点で難航し、妥結していない。

カンアニ報道官は核交渉に関連し「米国が核合意を破った国として責任を取るべき」とし「イランは交渉でレッドラインを最後まで守る」と強調した。

JCPOAは米国、フランス、英国、ロシア、中国、ドイツの6カ国が2015年にイランと締結した合意。イランが核兵器開発努力を中断すれば対イラン経済制裁を解除するという内容が骨子だ。

しかしトランプ前米大統領は2018年、JCPOAを一方的に離脱して対イラン制裁を復元した。イランはこれに対抗して国際原子力機関(IAEA))の査察を制限し、ウラン濃縮を進めてきた。

社会考察
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KANTAKE Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました