ジャネット・イエレン FRB議長

経済

トランプが大統領なった影響で、14年の任期だったが、非常に高い評価を得て退任した。退任に際しての状況は、経済が活況なうえ株式相場が過去最高値圏で推移しているなど、文句がつけ難い。失業率は16年ぶりの低水準であり、インフレは望む水準より低いが、物・サービスが安すぎる不満は聞こえてこない。

イエレンの任期最後の1年、金融政策により、素晴らしい実績を上げている。イエレンの任期は、前任者ベン・バーナンキが経験したような株式相場の急落を経験することもなく、穏やかであった。
いずれにしても当局の2大責務の一つである物価安定は消費者物価のインフレが基準であって、株価ではない。FOMCの政策はいずれどこかの段階で中立に戻るはずで、その過程を極めて匠に乗り切った、という評価である。

任期中、利上げをするような発言、雰囲気を出して、結局やらない、というパターンが多く、市場関係者は振り回された。

Federal Reserve News: Who Is Janet Yellen?

FRB議長(在任:2014– 2018年) インフレよりも失業に関心があり、金利を安易に上げないような「ハト派」。ユダヤ系である。

効率賃金理論を提唱し、賃金上昇によって労働者の生産性が向上し会社の利益が増すことを示した。1914年のヘンリー・フォードによる賃金上昇がフォード社への志願倍率を高め、社員の質とモチベーションが向上し社の純益を上げたのは効率賃金理論の一例。

「イエレン氏は、とても平易な英語で経済問題を語る才能をもった稀有のひとである。英語があまりにわかりやすいので、大学の授業で使うには学生の英語を読む訓練にならないくらいだ」としている。(根井雅弘『経済を読む』2015年、日本経済評論社)

2008年頃以降のアメリカの経済危機に対し、イエレンは前副議長として、マネタリーベースの大幅な増加による大規模な量的金融緩和政策に参画した。最終的にマネタリーベースは4兆ドルを超えた。この量的金融緩和政策はアメリカの経済を良好に回復させたとして高い評価が見受けられる。

バーナンキやイエレンが率いるFRBは長期にわたる金融緩和により、景気がある程度回復したと見ると、2013年末から月100億ドルずつの量的金融緩和の縮小を開始し、10ヶ月ほどで量的金融緩和によるマネタリーベースの増加は終了すると見られている。バーナンキの退任後、新議長になったイエレンはその方針を踏襲している。

任期後半に、トランプが大統領になり、景気浮揚効果を狙って低金利を続けるイエレン議長を「オバマ大統領の功績を高めるために、利率を低いままにしている」と非難している。オバマ大統領が指名したイエレン議長に「恥を知れ」と発言するほど、過激な批判を強めている。

FRBは政治に関与しないことをイエレン議長が強調し、中央銀行の独立性を断固として守った。イエレン議長はトランプ氏の名を一度も口にすることなく、極めて巧みに反論した。名前を出せば、トランプが仕掛けた罠にはまり、党略的な議論が新たに巻き起こった可能性がある。

トランプ米大統領は、連邦準備制度理事会(FRB)を2014年以降率いてきたイエレン議長の任期を1期だけで終わらせた。2期目の再指名を受けないFRB議長は1979年に退任したウィリアム・ミラー氏以来。ポール・ボルカー、アラン・グリーンスパン、ベン・バーナンキ氏らはいずれも最初に指名した大統領の党とは別の党出身の次の大統領から再指名を受けていた。

Everything You Need to Know About Janet Yellen

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました