任意整理をしました。クレカのリボは破滅します。

LIFE

病気で体調を崩して、病院通いが始まり、医療費の高さに僅かな貯金も吹き飛びました。さらに非正規のため収入が激減してしまいました。「悪性リンパ腫」という病気なんですが、診断が下るまで3ヶ月以上もかかるんですよね。その間、超高額な検査を繰り返します。さらに長期に渡り、入院や抗癌剤治療が始まります。

いつの間にか、クレジットの残債が膨れ上がり、リボ払いの残債が70万くらいになってしまいした。障害者年金、低額医療の相談しに行ったときに、経済状態のことを親身に聞いてもらいました。「治療に専念したほうが言い」との助言で、任意整理することにしました。

これがあっという間です。簡単な手続きだけで済みます。
任意整理だけの場合は、本人との面談は必要がない、そうです。電話だけで済ますところもあります。私は、紹介されたところだったので、面談に行きました。

私の場合、非正規雇用の身ですし、独身ですし、癌になってしまい、何も失うものがありません。この際、カード依存から脱却しようと思っていたので、構いません。月の支払いが28000円位だったんですが、半分以下になります。

後ろめたさが、あるとすれば、借りたものを返せなかったという、ちょっと犯罪者的な感じかな。司法書士さんは、リボなんて一生返せないシステムなんだから、そんな事、考えなくて言い、とは言われましたけど。

若い司法書士さんが、いろいろ教えてくれました。

任意整理した場合、交渉はそのカード会社、提携しいる債権回収会社と話し合いをするそうなんですが、全く応じないところがあるそうです。「日本保証」と関西の消費者金融「フクホー」。「日本保証」は武富士の債権回収をしていたところなんですが、この2つが絡んでくると難しいみたいですが、信販、消費者金融、銀行など、殆どが応じてくれるようです。

今回、紹介されて頼んだ司法書士事務所は、個人の名前がついている事務所です。「〇〇司法書士事務所」は、料金的には良心的なところが多い、とのことです。

1社あたり、費用が20000円が目安、それ以上すると考えたほうがいい、とのことです。プラス事務手数料がかかります。トータル4~50000円前後かかる計算です。私の場合、年の金利だけで、90000円です。

この費用は、交渉中に支払っていきます。交渉の目安は3ヶ月です。
和解が成立するまで、支払いが止まります。その間に、司法書士の手数料を払う形になりますが、分割が可能です。

ただ、良心的でありますが、「〇〇司法書士事務所」デメリットがあります。
交渉力が非常に弱い、と率直に認めていました。交渉はケースバイケースなのですが、短期間で交渉を終わらせないと、訴訟を起こされたりするそうです(住友系は2ヶ月で起こすそうです)。

通常、金利をカットし、元本だけを返済が基本なんですが、訴訟を匂わせて、数%の金利を上乗を要求してくるそうです。裁判になると、お金もかかりますし、大抵の場合「払う回数」で落ち着くようです。

支払回数は「5年の60回払い」が基本です。債権回収会社によっては、36回払いもあるとのこと。大手の司法書士事務所は、この支払回数を伸ばすことができるようです。支払回数が長いと月の負担が減ります。

和解後、2回支払いが滞ると、一括請求されるそうです。そういう状態ですと、もう一度。任意整理の交渉をしなければならず、個人再生とか自己破産の選択肢も、考え無くてはならない、とのこと。70万で自己破産は認めてくれない、とは言われましたけど。

ブラックリスト入りするかは、カード会社次第。

私の場合、クレジットカード3枚持っていますが、他の2枚はほぼ使っていません。しばらく使えるそうですが、カード会社は定期的に途中与信という信用調査を入れるそうです。通常は「移動」という形で、信用情報に載ります。

「移動」というのがブラックリストになります。他のカードが使えなくなったり、更新の時は必ず、調査を入れので更新ができなくなります。またローンを組めなかったり、5年は、新たにカードを作れない制限がかかります。和解から5年です。ちょうど完済した頃かな。

ただ、このブラックリストに載るか、載らないかはカード会社次第なのだそうです。任意整理では、和解までの交渉中は「移動」で、その後は、消えてるケースも多いとのことです。裁判所を経由している個人整理だと確実に乗るそうです。まぁ作る気もありませんけどね。この載るか載らなかは、司法書士事務所の大きさか、どうかは、わかりかねるようです。

大手の司法書士事務所は、何かとメリットがあり、そちらに頼んだほうがいいかもしれませんが、デメリットは料金です。当然ですが、その分、高額な手数料を取られます。交渉期間が半年くらいに引き伸ばせる事が可能らしく、その間に高額な手数料を払うことになるようです。

よく知られている大手の司法書士事務所では、ホームページには書いてありませんが、事務手数料だけで80000円、1社するだけで、トータル12~14万近くかかります。更に月々の返済も事務所を通して行うため、口座維持管理なども発生します(アヴァンスとか言ってたかな)。

できればこんなことしたくは、なかったんですけど、追い込まれる前にやっときました。生活を変えたい気持ちもあったし、治療に専念したいし、今まで生活が成り立っていたから、金銭感覚が甘かったことを反省する日々です。今はデビッドカードもあるし、キャッシュレスにも問題はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました