お酒が飲めない。無理に飲むと癌リスク高まります。

病&予防

私が学生から会社員になったばかりの1990年代は、「男は酒が飲めて当たり前」みたいな価値観で、今で言えば暴言が日常的に飛び交う時代でした。私は、一滴も飲めない下戸ですから、誘われるたびに肩身の狭い思い、を通り越して、地獄でしたね。先輩面で「鍛えてやる」みたいなこと言われると、殺意すらいだきます。

酒は飲める人には、美味しいものなんでしょうが、人体にとっては異物であり、良い影響は限定的だと思います。

非常に嬉しいことに「アルハラ」という言葉もある程度、認知してきています。以前よりも「私は酒が飲めない体質です」と言うことにいちいち異議申し立てが来ない時代になりました。

昔は「つまらない人」と偏見に満ちたことを言われがちでしたが、今は飲まない人も多いため、そんな事も減りつつあります。つまらなそうに見えるんでしょうかね?

だいたい、お酒の席で、お金がかかるのはアルコール飲料です。お店だってアルコールで利益を出しているわけですから、酒を飲まない人は全体の費用を下げる貢献者でもあります、安くしろ!なんて野暮なことは一度も言ったことないのに、蔑まれる筋合いはないのです。しかも、酒を入れないとコミュニケーションを取れない人は、抑圧された不満や欲望がむき出しになります。ストレス以外、何でもありません。もはやボランティアです。

訓練すれば飲める?

お酒に弱い人は訓練することで飲めるようにはなりますが、実はこの人たちがお酒を飲み続けると重篤な肝障害(脂肪肝、脂肪性肝炎や肝硬変)を引き起こす危険性が増します。

更に、下戸の方が飲み続けると「ガン」にかかりやすくなる。下戸の方が飲み続けていると、最悪の病気とされているガンになる可能性が増してしまいます。

酒を無理に飲まなければガンになる可能性がぐっと下がるということを考えると、「飲む」という行為に疑問を感じることでしょう。下戸の人が無理に飲むという日々を続けていると、がんを高率に発症する傾向があるので要注意です。

上戸は酒を多く飲む人、下戸は酒が飲めぬ人をいう。いずれも平安時代には使われていた語です。「下戸」は、日本の律令制時代の階級「大戸/上戸/中戸/下戸」の最下級。課税階級としても使用されていた。

祝儀席での酒の量が「大戸は八瓶」「下戸は二瓶」と定められていたため、「酒を少ししか飲めない人」を「下戸」と呼ぶようになった。

日本人の約45%が下戸だといわれています。日本人などモンゴロイド系だけが下戸の遺伝子を持っています。世界的には珍しいと言われます。

下戸の人が、無理に飲まない方がいい

肩身の狭さに耐えかねてお酒を飲んでしまってはいけません。下戸の原因は努力でどうなるものではありません。

下戸の方というのは、アルコールの毒性を分解することが出来にくい体の作りとなっています。アルコールは肝臓の働きでアセトアルデヒドに変わります。さらに、アセトアルデヒドはALDH2という酵素の働きで無害な酢酸に変わります。このALDH2には3つの型があり、酵素の活性が強い人と弱い人、そして活性がまったくない人がいます

全くない方が下戸ということになります。アセトアルデヒド脱水素酵素の型は遺伝子で決まっているので、お酒を飲めない人はどんなに訓練してもアセトアルデヒド酵素は増えません。

下戸の人はいくら訓練しても体は変わりません。しかし、鍛えると脳の感受性が低下することと、薬を分解する酵素がアルコールを分解するようになるので多少は飲めるようになります。自分がどの型を持っているかは親から受け継ぐ遺伝子の組み合わせによって決定され、後天的に変わることはありません。

そんな下戸の人がアルコールを摂取してはいけない理由とは

「急性アルコール中毒」

急性アルコール中毒を発症すると、命を奪われる危険性があります。下戸の可能性がある方は絶対に一気飲みなどをしないようにしましょう。日本人は遺伝的に下戸(アルコールの解毒能力が弱く、急性アルコール中毒に陥りやすい人)が多いという傾向にあります。

下戸の方は中毒になりやすいとされています。一度にたくさん飲ませれば、急性アルコール中毒で救急車を呼ぶことになります。たくさん飲ませれば、飲ませた人は傷害罪となります。

下戸の人に無理やり飲ませてはなりません。2型アルデヒド脱水素酵素が低活性タイプの人(飲酒すると顔が赤くなりやすい人)はアルコール代謝速度も遅く、中毒が重症化しやすい。

お酒を受け付けない体質の人が、訓練して無理に飲めるようになってからの癌リスクは、あるとは言われていますが、実際のところ、わかりません。お酒を飲まない人も肝臓がんの増加もデータとしてあるようです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました