銃撃事件があった中華店。もめてる稲川会と住吉会。

社会考察

川崎区大島にある中華屋さん。スーパー「ライフ」があるので、帰りに寄ってました。川崎でも治安の悪いエリアです。桜本と接しているため在日朝鮮人特に南朝鮮出身の人が多いといわれていました。今は、かなり中国系・ベトナム系の人たちもたくさんいるエリアです。

有名店でないし、街中華屋さんです。

ほかの店と違い女性客が多いです。中華料理にしては脂っぽくないからかな。注文が入ってから手作りで作るようで、出てくるまでに時間がかかります。川崎は中華屋さんが多いのです。美味しいレベルではあります。

この店に訪れようとしていた暴力団関係者が、店に入る手間で襲撃を受けた事件がありました。2019年1月17日、稲川会山川一家若頭補佐の大井組組長の大井司と奥さんが銃撃されます。

この店で話し合いが予定されていて、そこにヒットマンが待ち伏せをしていました。

大井組長や奥さん、配下の組員たちが大島の中華料理店でご飯を食べて車に乗り込もうとしたところをヒットマンが狙撃しました。銃弾は運転手の組員の首をかすめました。それを見た大井組長の奥さんが車から瞬時に飛び出しヒットマンに飛び掛かりました。虚を突かれたヒットマンは奥さんを撃ち逃走したそうです。奥さんはヒットマンに肩を撃たれてしまいました。組長は奥さんのおかげで助すかります。映画の極妻という感じです。

襲ったのは、東京の暴力団・住吉会の幸平一家・幸和会会長の土屋和雄(56)と絆会の関係者5人です。いずれも逮捕されています。警察の発表では、組織的抗争でなく個人的トラブルとされています。

幸和会は東京都西多摩郡瑞穂箱根ヶ崎を縄張りとしている組織です。土谷和雄組長は埼玉県入谷に住んでいました。稲川会山川一家と住吉会幸平一家は、ずっと揉めています。

過去、川崎には二率会(にびきかい)という組織がありました。占い師・細木数子が深く関与していた組織で有名です。2001年に解散して、東京の縄張りは、住吉会に移籍されますが、神奈川県川崎市の縄張りをめぐって稲川会・山口組が反発します。街中で車で箱乗りしながらの銃撃事件があったと記憶してます。追い出された二率会(にびきかい)の残党が東京の住吉会にいったわけですから、面白いわけありません。長年続く抗争のきっかけのようです。

北野武の映画の世界ですよね。中華屋・ラーメン店で暴力団関係者がいることは、川崎ではままあります。チンピラがのさばるより、はるかにいいけど、銃撃抗争となると「よそでやれ!」というのが本音です。

値段は良心的で、量も多いです。

2019年1月。事件発生時の写真

社会考察
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KANTAKE Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました