ジニー・ロメッティ IBMのCEO

経済

ジニー・ロメッティは、米Fortune誌が選ぶ「ビジネス界で最もパワフルな女性」の一人として長年ランクインしている。

ロメッティはノースウエスタン大学でコンピューター・サイエンスと電気工学を学んだ。システムエンジニアとして1981年にIBMに入社。92年にIBMが社内でコンサルティング事業を立ち上げた際の創設メンバーでもある。頭角を現したのは大型買収の成功によるところが大きい。IBMが2002年に会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)のコンサルティング部門を買収した際、事業統合までをリーダーとして仕切った。叩き上げのCEO。

THINK Forum Japan 2015: 講演 「コグニティブ・ビジネス時代のリーダーシップ」- ジニー・ロメッティ

報酬パッケージ3300万ドル(約36億2300万円)CEO報酬としてはただでさえ巨額だが、それが5年前の就任以降に売上高が減り続け、株主トータルリターンを0.1%に満たない会社にしているCEOの報酬額となれば批判もある。反転の兆しはあるものの、クラウドや人工知能(AI)といった成長分野がけん引する収益構造には移行できていない。5年半続く減収でCEOへの風当たりも強まっている。
アメリカ経済をけん引してきたこの巨大企業を率い、不採算部門の売却や業務の効率化(契約書を30ページから4ページに削減など)の大胆な業務改革を行うと同時に、積年の宿敵であるアップル社と組み、i-OSでのソフトウェア開発などに乗り出しています。

北欧系の血をひくすらりとした長身にブロンド、碧眼。若い頃には人目をひく美女だったと推察しますが、アップルのティム・クックCEOをして「恐ろしく頭がいい」と言わしめた頭脳とずば抜けたコミニケーション力で「ガラスの天井」をはねのけてきたと言われています。

Why Watson is key to IBM's future

大きな買収案件としては「Red Hat」がある。2018年10月Linuxデュストリビューター大手の米Red Hatを約3.7兆円で買収する、取引は2019年下半期に完了の見込み。

IBMは1990年代に、ダウンサイジングの流れが起き、主力がメインフレームだったため「時代遅れ、過去の遺物」「滅びゆく恐竜」と呼ばれていた。業績は急速に悪化し、1992年49億7000万ドルの巨額損失を出す。年度の損失額としてはアメリカ史上最悪だった。
以来、ハードからソフトに転換を進めた。水平分業モデルのマイクロソフト、インテル、サン・マイクロシステムズ、オラクルなどが好調であったため、PC事業部 (IBM PC Company) やプリンター事業部など、IBM分社化が進められた。IBMは伝統的に終身雇用であったが、これを転換、世界に40万人いた社員を22万人までリストラを行う。

1993年にルイス・ガースナーがCEOに就任。不採算部門を売却、官僚主義を一層し、ネットワークEビジネスの会社に転換する。「選択と集中」によるコア事業への集中、非コア事業の売却が続き、現在はクラウドコンピューティングにシフトしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました