免疫を高めるための最強食材「にんにく」

病&予防

私が患っている悪性リンパ腫に効果があるかどうか、医学的な見解などわかりませんが、なんとなく効いているような気がします。

にんにくの摂取量とガンの発生頻度を疫学的に調べると、にんにくをたくさん食べている人たちの方が、食べていない人たちに比べてガンが少ないということがわかっています。実際に、韓国や中国東北部など、にんにくをよく食べている地域ではガン患者が少ないのです。

アメリカ政府が90年代初頭から進めている、ガンに予防効果のある食品を探し、さらに有効な食品を作り出そうという国家プロジェクト「デザイナーフーズ計画」では、127種類の野菜のうち、にんにくが「ガンになる危険性を少なくする効果がある最も重要な食物」であると証明され、一躍脚光を浴びました。

にんにくのがん予防効果は、今や世界中で知られるようになりましたが、その先駆けとなったのは1990年にアメリカ国立がん研究所(NCI)が発表した「デザイナーフーズ・プログラム」でした。これは、「がんを食事で防ぐ」という目的のためにアメリカ政府が進めた国家プロジェクトで、55〜69歳までの女性、約4万人を対象に5年間にわたって追跡調査を行い「がんの発生と食品の影響」を解析したものです。この「デザイナーフーズ・プログラム」では、127種類の食物が調査対象になりましたが、その頂点に立ったのが『にんにく』だったのです。

発表された結果も驚くべきものでした。週1回にんにく料理を食べている人は、にんにく料理を食べていない人よりも、直腸がんにかかる確率が35%以上も低いというデータがはじき出されたのです。それを裏付けるかのように、韓国や中国東北部など、にんにくを頻繁に食べている地域では、がん患者が少ないという報告もあります。

この研究成果が発表されると、アメリカではにんにくブームが巻き起こり、にんにくの消費量が3倍にも跳ねあがったそうです。そして世界中の科学者たちは、俄然にんにくの健康効果に注目し始めました。

にんにくに含まれるDATSががんを予防する

にんにくに含まれるDATS(ジアリルトリスルフィド)は、ガン細胞の増殖を抑え、寿命のある正常な細胞に戻して、ガン細胞を消滅させることがわかりました。通常、ガンの治療は化学薬品を使ってガン細胞を「自殺」に追い込みますが、強力な薬を使うため副作用が大きな問題となっています。にんにく成分DATSを併用することで抗ガン剤の投与量を減らし、副作用を軽減する実験も進んでいます。

傷のないにんにくはにおいがなく、アリインという成分を含んでいます。にんにくを切ったりすりおろしたりして細胞に傷をつけると、酵素(アリイナーゼ)の働きでアリシンという成分に変化します。アリシンをオリーブオイルなどに溶かすと、アリシンが分解・結合して数種類のアリルスルフィド類に変化します。このアリルスルフィド類の中に、ガンを予防するDATSがあるのです。

ガン予防には、にんにくをオイルに溶かしたものや、低温加熱したものを使うのが最も有効です。にんにくオイルやガーリックバターなどが、ガン予防に最適な調理法といえる。

少し前になりますが、流行った健康食品に「アホエンオイル」があります。にんにくオイルとして、販売していますが、自分でも簡単に作れます。

にんにくレシピ【アホエンオイルの作り方と使い方】~にんにくのよしだ家
病&予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KANTAKE Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました