モノに支配されない暮らし

LIFE

Minimalist 最小限でシンプルに生活をする、ということでしょうか。

巷で注目されているミニマリストは、生活の質を高めるのが所有からの開放、芸術・哲学的なものも含まれますが・・・・

まぁまぁ深刻な病気にかかってしまい必要に迫られて、ミニマリスト進行中です。40代になってすぐで、いつでも旅立てるように終活における断捨離では、生きる気が低下してしまいす。

まだ大丈夫かな、と思ってはいるんですけど、共に歩む女性もおらず、離れて暮らす老いた両親や子育て中の妹に、頼るのは忍びないです。

病気のこと、仕事のこと、家族の負担……不安を抱えていたでしょうね。病院から帰ってきて独りなったときの不安感、心のモヤモヤをどうやって落ち着かせようか・・・・

とりあえず40代独身男の強烈に散らかった部屋を片付けだしたら、不思議と乱れ気味だった心のザワザワが収まるんですよね。楽になるんです。

病気になったこともあり、経済的なことも含めて生活スタイルを見直す必要があります。ものを溜め込まず、シンプルに生活を目指します。

醜悪なおじさんにならないために

今は健康な人でも、独身ならいつか週末を迎えます。いきなり生活スタイルを変えるのは難しく時間がかかります。レールに敷かれた幸せな人生は送れない身としては深刻です。

前世代とは違い物質的な豊かさひたすら追求することはできません。実家に帰ると物で溢れています。戦後の貧しい時代から、豊かになった時代を経験スタイルは複雑です。

おそらく高度経済成長やバブルのような時代は絶対にこないでしょう。求めてもいないですよね。買い物をするなら、質の高いもの、できれば「お値段以上」で得たいものです。

LIFE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KANTAKE Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました