悪性リンパ腫にかかってしまった。(診断前編①)

病&予防

現在も悪性リンパ腫の末梢性T細胞リンパ腫という病気を患っていますが、この病気、細かく細分化されており、治療法も抗癌剤を使った化学療法と放射線治療などを組み合わせていきます。

今回は、悪性リンパ腫と診断、告知されるまでの過程をお話したいと思います。

1年半以上かかりました。

私の場合、リンパ腫の前兆とされる型ではなかったため、非常に時間がかかり、病院を転々とするはめになりました。通常は悪性リンパ腫は、首、耳の下周辺、脇、太もものつけ根などにしこりや腫れができるようです。わかりやすい兆候が出てくれれば、良かったんですけどね。

最初の異変は、2017年の9月でした。

朝起きたら目の周りが腫れていて、視界が遮られる状態でした。

膿のようなものが腫れている部分から、出ているような感じで、涙と混ざり濁って見えます。痛みはないものの、痒み、こするのを我慢出来ないから、強く抑えていた覚えが。

目の病気だと思い、近所の眼科(川崎大師駅前)に行きました。想像通りの「流行性結膜炎」と診断されて、10日程度で治ると、目薬を処方されました。が、いつまでも治りません。

感染るものですから、職場などで気を使うし、だんだん悪化している感じがあったので、再び病院に訪れました。

経験の豊富そうな老先生は、舌打ちしながら、ブツブツいいながら「結膜炎だよ!薬ちゃんとつけてんの、タオルとか使い回しするな」と。

やたら「慶応大学、〇〇大学客員教授」とプロフィールが顔写真と一緒に貼られている待合室でした。開業医なんてこんなものかな。

クソ医者💢、2回の診察代と薬代で5000円損した。

クレームを言いたかったのですが、どんどん悪化していきます。急いで眼科で評判いい病院に行きました。最初から、そこに行けばいいのですが、総合病院のため、紹介状がないと5000円くらい余分に取られます。それに電車に乗って行く必要がありました。

視界がどんどん狭くなって行く中、頑張っていきましたよ。川崎は自転車が、我が物顔で走っています。歩行者が避ける必要がありますし、注意してもその手の人種は無意味で、厄介な事態になりかねません。

駅から徒歩10分くらいの距離を慎重に歩き、たどり着いた病院は、きれいでホテルの様な雰囲気が漂っています。腫れて見えにくい状態ですから、どうでもいいです。

大抵の病院がそうですが、受け付けで「今日はどうしました?」的なことを聞かれ、アンケートのようなものを書きます。診察券を発行してもらい、自分で診察して貰える場所に行きます。

受付の女性に「目が腫れている」と言うと

「両目が腫れてますね~ちょっと待ってください」と診察室まで案内してくれて、看護婦さんをすぐに呼んでくれました。

優先的に見ていただいだのですが、眼科で評判のいい病院です。とんでもない待ち時間です。予約時間なんて、あってないようなものです。長時間待っている人の間をぬって診察室に入るのは、若干、冷たい視線がありましたが、いい病院だなーと思いました。外観のホテルライクな雰囲気、働いている人があっている感じです。ただ総合病院としての評価はちょっと……………

結論から言って「わからない」だったんですよね。病名をつけるとすれば「甲状腺眼症」ということでした。内科や皮膚科に見てもらいましたが、よくわからない。皮膚科の先生は、血行障害の一種。内科の先生は肝臓の数値が多少悪いだけ。それ以外は何も見つからない。

治療はステロイドを5mlを2回、1日10ml飲んでいました。治まってきたので1ヶ月程度で終了しました。感想としては、得意分野の眼科は非常に優れいているけど、それ以外はどうかな?って感じです。

ステロイドの副作用

ステドイドを処方された時に、副作用の説明はあった。

・易感染による感染症

・クッシング症候群

・副腎皮質機能不全症

・低カリウム血症

・糖尿病(糖新生促進により)

・骨粗鬆症(骨量の減少により)

・消化器の潰瘍(消化管粘膜への影響により)

・白内障・緑内障(眼圧亢進により)

・月経異常

・満月様顔貌(ムーンフェイス)

・皮下出血・紫斑

などありますが、私の場合、見事に顔が丸くなるムーンフェイスなってしまいました。

ムーンフェイスは長期間のステロイド剤の大量服用により生じます。ステロイド剤の大量内服により、脂肪の代謝が妨げられること、そして食欲増進をすることにより、特に身体の中心(顔や首の周り・肩や胴体など)部分に脂肪が多くなります。そのため上半身に送られる血液量が特に増加するため、顔が腫れぼったい状態になります。見た目を気にされる方も多いですが、健康上の問題は特にありません。
 
ムーンフェイスは、ステロイド剤の量が減少(医師の指示の元)すると自然に改善します。しかしステロイド剤の内服中は、食欲増進や脂肪の代謝障害を起こしやすいことを患者さまに事前に説明しておくとよいでしょう。
 
またバランスのよい食事摂取、過食や間食を避ける、そしてカロリーの低い食品に置き換える方法も合わせて伝えましょう。一方、カロリーの抑え過ぎによる栄養不足は、ステロイド剤の副作用で易感染状態による感染症を発症しやすい為、注意が必要です。

引用元;はてナース

今思えば、食事のことなんてなんにも考えてなかった。食欲が止まらなかったのは、実感があります。気がついたら3号炊の炊飯器があっという間になくなるくらい食べてた。

気がついたときには、顔がひどく丸くなっていました。妹からは「別人」と言われくらい。身近な存在から言われるくらいだから、相当だったと思います。そんな説明はまったくなかったけど、それくらいのことは自分で調べろ!というこなんでしょうか。

ステロイドが体から抜けたら自然に改善されるのかな、思っていたのですが、なかなか治りません。半年ぐらい様子をみていたんですが、不安になってきます。

そこで職場のパートのおばさん情報をもとに、評判のいい皮膚科と内科にかかりました。内科にかかったのは「甲状腺眼症」と診断されて、ステロイド➡顔が真ん丸になっているわけですが、甲状腺の病気とはあまり関連性がないと説明を受けていました。

とはいうものの、あれ、副作用じゃない?とうっすら思っていたので。

これがひどい医者でした。最初にかかった開業医の眼科も横柄な態度でしたが、更に輪をかけて、ひどい。パートのおばちゃん情報だけじゃなくて、薬局の人も勧めていたんですけどね~。

皮膚科は「地域医療に貢献してます」感は微塵もありません。「儲けてんだろうな」感は満載です。50代半ばの男性先生で、髪型はオールバック、よく日焼けし、よく話す先生でした。やけに胸板が厚いな~と言う印象でした。

看護婦さんが2人いましたが、愛人?やけにエロな雰囲気が漂っています。

長い独り話と症状のサンプル写真とか見せられて、「紹介状かくから」と。セカンドオピニオン?なんて言葉使っていたけど、椅子に深々と座りながら、ろくに見もしない。面倒なことになる要素がある人とでも思ったのかもしれない。

なんなんだ!時間の無駄だった。家から自転車こいできたのに。

受付でお会計1000円払うとき、年配の女性に「ごめんなさいね。」すこし呆れたように紹介状を渡された。捨てました。

つづく。


病&予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KANTAKE Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました