アメリカの『キリスト教福音派』の軽い知識。

本&映画

アメリカはキリスト教社会ですから、映画にも文化的背景として描かれていたり、伝導的性格の映画もあります。地球の滅亡がスペクタクル巨編として描かれた映画などは、キリスト教福音派の持つ終末思想が影響があると思わます。

アメリカの全人口の78%がキリスト教徒です。うち51%がプロテスタントです。カトリック教徒が23%です。今のところ、アメリカはプロテスタントの国と言えます。カトリックは1つしかありませんが、プロテスタントはたくさんの宗派教団によって分かれています。これが複雑で混乱を生じさせます。

南北戦争後、アメリカが近代工業化する過程で、科学的思想が対立を生みます。
リベラル派と保守派です。

リベラル派は「聖書批評学」を採用し「進化論」を容認します。「聖書批評学」は聖書を客観的にとらえ、批判的に研究する学問です。聖書を文献の一つとして捉えます。

保守派は「聖書無謬説」を採用し「創造論」を唱えます。「聖書無謬説」は聖書は一字一句、誤りはなく、神の言葉と理解する。

「進化論」と「創造論」をめぐり裁判になり、揉めに揉めます。

1920年代には公立の学校で進化論を教えることを禁じる法律が各州で制定されます。以来、このような法律はアメリカ合衆国憲法に反するとして、裁判が繰り返されます。

1987年(ルイジアナ州授業時間均等法裁判)の裁判で、一応の区切りをつけますが、数十年の裁判により、保守派は時代錯誤と見方が広がり、アメリカ社会が急速にリベラルに傾倒します。「公立学校のお祈り」が非合法化、「中絶の合法化」の判決が相次ぎます。

これと並行して社会が荒廃します。セックス革命やドラックの蔓延、治安の悪化します。ベトナム戦争泥沼化や戦争終了後の経済の成長鈍化、失業率増加など顕著化します。

保守派内部では、「科学などを近代的な考えを認めない時代錯誤」という払拭するべく、1940年代から刷新運動がおこります。長老派、会衆派、バプティストといった教派を越えて連帯した人びと、これが「福音派」です。1950年代からは伝道師ビリー・グラハムの活躍もあり、垣根を超えて広がります。

福音派に確固とした条件はありません。宗教的な体験に基づいて精神的な生まれ変わりをする経験「ボーン・アゲイン」の経験をもつことが特徴として挙げられる。現在では、リベラル派に分類される教派やカトリック信者のなかにも福音派が存在します。

まとめると、保守的な信仰理解を共有する教派横断的集団で、所属する教会や教派、組織によって福音派を規定することは難しい。右派には間違いありませんが、原理主義と同一視する事はできません。リベラル派と中間のような立ち位置です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アメリカ映画とキリスト教 120年の関係史 [ 木谷佳楠 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/3/19時点)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました