『たちあがる女』観てきました(ネタバレ無し)。

本&映画

久しぶりに映画館に行きました。恵比寿にある『YEBISU GARDEN CINEMA』。2011年に閉館して、3年くらい前に新たに復活したようです。以前はアート系の映画ばかりで、1人で入るのは気後れしてしまいましたが、大丈夫でした。病院帰りで、楽な格好してましたけど、巷の映画館のレベルが上っているせいなんでしょうね、以前のような気恥ずかしさはありませんでした。

STORYは、舞台はアイスランドの風光明媚な景色な観光地。主人公のハットラはセミプロ合唱団のコーチをしています。その一方で環境活動家の顔を持っています。環境破壊をしていると思われるアルミニウム工場に対して、破壊活動をおこなう。

産業の少ないアイスランドにとっては、貴重な雇用です。破壊活動をされると雇用が不安定になり、決して歓迎はされていない状況。政府もアメリカの偵察衛星を利用して、本格的に捜査を始めます。しかし、捜査が強化されても筋金入りの活動家になっている彼女は、仲間の説得も聞きません。

彼女は独身ですが、母になることを望んでいました。そして、養子縁組の話が舞い込んできます。ずっと養子を取ることを考えていたハットラの元に、待望の養子がやって来ることに。

そして、決着をつけることを決意。政府の施設から大量のプラスチック爆弾を盗み出し命がけの破壊活動に向かいます。

おばさんが政府や大企業に戦い挑み、母になろうとする物語です。自分が信じることに疑いを持たず、一部の人達が潤うことを許さない、ちょっと困った人ですが、身近にいなくもないので、親近感を覚えます。「自分らしく強く」現代的なテーマを皮肉を込めて、コミカルな感じで表現しており、面白いです。単館作品ですから、DVDとか配信が始まってから見るのもいいかもしれません。

監督を務めているのは、ベネディクト・エルリングソン。1969年5月31日生まれの49歳。これまでの監督映画としては馬々と人間たちがあります。

映画『たちあがる女』予告編・3月9日(土)YEBISU GARDEN CINEMAほか公開

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました